環境・自然・動物の保護活動やSDGsの取り組み情報サイト

Australian Shepard

Mary and Secret

Staff

Chappy

目次

こんにちは。Chappyです。
今回は私のお気に入りのinstagramer (TikTokもあります)を紹介します。

Mary & Secret

メアリーはワシントンに住むとてもステキなクリエイティブな女の子です。 
(@my_aussie_gal、こちらはメアリーのユーザー名です)

メアリーにはシークレットという犬がいます。
私がメアリーとシークレットに出会ったのはほんの偶然で、いつものようにインスタチェックをしていたら、動物関連の動画をよくみている私にインスタがおすすめしてくれたのです。

それはどんな動画だったかというと、メアリーとシークレットが一緒にヨガをするという動画で、
シークレットはヨガマットも自分で敷いて、メアリーと並んでヨガをするんです。
ここにリンクを貼っておきます。ぜひみてください。

メアリーとシークレットのヨガ

もう尋常じゃないくらいにかわいくて、そして癒やされ、メアリーがアップしている画像や動画をみまくりました。

シークレットの才能

シークレットはヨガだけでなく、メアリーと一緒に何でもします。
例えば、筆を加えて絵を書いたり、ギターを弾いたりジェンガをしたり。。。

マット運動もしますが、お互いに深い信頼関係がないとできないような技も披露しています。
すごいの一言につきます。 

シークレットはきっともともと頭の良い犬なんだと思います。でもそれ以上にメアリーと強く結ばれた絆がいろいろなことを一緒にすることを可能にしているのでしょう。 

そしてメアリーとの時間を心から楽しんでいるのでしょう。事実、シークレットの画像はどれもかわいい笑顔で写っています。

そして、言うまでもなくメアリーはトレーニングがとても上手で、とても穏やかにシークレットを見つめているのがとても印象的です。

別れ

そんなメアリーとシークレットにとても悲しい別れがありました。
シークレットは今年の5月に亡くなってしまったのです。病気がわかってからわずか100日後でした。私は実際にはメアリーにもシークレットにも会ったことはありません。
でも会ったことがあるかのようにとても親近感をもっていたので、すごくショックでした。 

「え〜あのヨガももう見れないんだ。。。」

メアリーにとってこの上ない悲しい出来事だったと思います。 メアリーにとってはいろいろ大変だった時期にシークレットとの出会いがセラピーになったようです。
シークレット自身も大好きなメアリーと離れ離れになることは寂しかったでしょう。

新しい出会い

最近メアリーは画像と動画の更新を再開しました。
メアリーのファンとしては待ってましたとばかりに
私はとても嬉しかったです。
メアリーは新しく犬を飼いはじめ、現在トレーニングをすでに開始しています。

オーストラリアンシェパードという犬種で、名前はPromise (プロミス)です。
ちなみにメアリーのmy aussie gal というユーザー名は私のオーストラリアの女の子という意味で、
シークレットとプロミスの犬種からとっています。

メアリーとプロミスが一緒にクリスマスツリーの飾りつけをしている姿はとても美しいです。 
最後にプロミスが自分のおもちゃをもってくるところも最高です。

プロミスとメアリー クリスマスツリー

プロミスはすでにメアリーが大好きで、メアリーを見ているととても愛に溢れた女の子なんだなと
感じます。 

メアリーにとってシークレットは守護天使の存在になっていて、
プロミスとメアリーを見守っていてくれています。 

これから

メアリーの家族がシークレットが体調を崩してから、ファンドレイジングをはじめています。
シークレットが天使となった今では、シークレットの病気でもあった、犬のガンの研究のために
寄付されています。 現在も継続中なので、ぜひ応援してもらえたら嬉しいです。 

メアリーへのドネーションサイトはこちら


メアリーのとても印象深いコメントがありました。
“Merry Christmas Secret. How I wish you could come back down and visit. I hope it’s snowing up in heaven ” (Mary, 2022) .(メリークリスマス、シークレット。またここに降りて私の元に来てくれたらいいのにな。天国では雪がふっているといいな。 

“I really believe that Secret came to me for a reason, and I would like to think that she also had to leave me for one. And if she left me for a reason, I now know it was this: That I was supposed to take everything she taught me and give it to another” (Mary, 2022). (シークレットはある理由のために私のところにやってきたと強く信じています。そしてまた、シークレットはある理由のために私のもとを去らなければならなかったと思っています。それはシークレットが私に教えてくれたことをすべて掴みとり、それを誰かの渡すためだったんだと今は思います。)

きっとペットを飼ったことのある人なら、メアリーのような気持ちになったことがあるのではないかなと思います。

私事ですが、私は自分の大事なねこを見送ってからはメアリーのように思うようになりました。
私のねこを見送ってから今日でちょうど7年。メアリーの気持ちを自分にも重ねながら、今年最後のこの記事を書きました。 

Have a great New Year! See you in 2023.




タグから関連記事を探す

関連記事

全てのBLOG記事を見る

動物や自然に特化したサイトに集まる方もその分野に興味あり!?

閲覧ユーザー数月間約10,400人
※2023.1月時点

フリープランは0円で配信可能

チアセブンアーチで情報を
配信しませんか。

情報配信について