環境・自然・動物の保護活動やSDGsの取り組み情報サイト

バードライフ・インターナショナルロゴ
一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京

2022.5.11

鳥の世界にも見られるジェンダー格差


鳥の世界にもジェンダー格差がある?

ジェンダーの不平等は、社会の隅々にまで影響を及ぼし、発展を妨げ、不公平を助長する風土病のようなものとも言えます。自然保護の世界も例外ではありません。未だに多くのジェンダー格差が存在し、中には最も予想しにくい場所に隠されていることもあります。

例えば、鳥の種の記述名といえば、ルリイカル(Blue Grosbeak)のメスは青色がほとんどなく、アカフウキンチョウ(Scarlet Tanager)のメスには緋色は全く見られません。

ノドアカハチドリ(Ruby-throated Hummingbird)のメスの首は赤くなく、コウライキジ(Ring-necked Pheasant)のメスは英名のように白い輪が首にないなど、数え上げればきりがありません。

オスメスが似ているから同名なのか、それともオスだけを現わしているのか、どちらなのでしょう。

鳥類のオスとメスへのジェンダー格差について、上記は記事一部抜粋してご紹介しております。

詳細はこちらから

鳥の世界にも見られるジェンダー格差

関連記事

アイサーチジャパンボランティア風景

2020.8.26

実際にボランティアに参加した際の活動をご紹介

アイサーチ・ジャパン(国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター)

疥癬にかかったタヌキ

2022.4.5

疥癬(かいせん)になるタヌキ を減らすには!?

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター

2022.5.11

【お知らせ】新クラウドファンディングに挑戦!?

NPO法人ジャパンワイルドライフセンター

日本自然保護協会

2022.4.29

【ご支援のお願い】イヌワシの舞う日本の森を未来へ引き継ぐ!

公益財団法人 日本自然保護協会

Pickup Contentから記事を探す