環境・自然・動物の情報全般や保護活動のウェブメディア

イヌワシ

自然のちからで、明日をひらく。

日本自然保護協会

公益財団法人 日本自然保護協会

※寄附ボタンは団体がメインで使用している寄附受付ページ (公式サイトや寄付サイト)に推移します。 そのページから直接団体をご支援くださいませ。

具体的な活動内容について教えてください。

荒廃してしまった森を自然あふれる豊かな森に戻す活動や、イヌワシをはじめとする絶滅危惧種や生物多様性豊かな環境を守る活動、そして、地域の自然を見守り、その価値を伝える自然観察指導員を養成する活動などは、私たちの代表的な活動です。

活動を始めたキッカケはなんですか。

自然のちからで、明日をひらく。日本自然保護協会は、1951年、ダムの底に沈もうとしていた尾瀬の美しい自然を守り、未来の子どもたちに引き継ぐために誕生しました。

これからの団体の目標・目指す部分を教えてください。

美しい日本の自然の価値を多くの人に伝え、興味を持っていただき、自然を守る輪をこれからも拡げていくことが私たちの希望です。

支援金の使用用途などを教えてください。

皆様からいただきましたご寄付は以下の取組みに大切に活用させていただきます。

1.日本の絶滅危惧種を守る取り組み

現在日本では、約3,600種の生き物が絶滅の危機にあります。

私たちの豊かな暮らしを守ることにも繋がる絶滅危惧種とその生息地の保全に力をいれています。

2.自然で地域を元気にする取り組み

高齢化や過疎化が進む地域で、自然の恵みを利用して、持続的で元気な地域づくりを目指す活動も行っています。

3.自然の守り手を増やす取り組み

日本の自然を守る人、自然を活かした地域づくりをする人を講習会や普及プログラムを通じて増やしていく活動行っています。

他の団体

Quetzal

一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京

「人と自然のために」、鳥をシンボルに、世界中で自然や生き物を守っています。

一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン

「自然を守ることは、人間を守ること。」自然保護を通じて持続可能な社会を目指す

msen-活動写真

特定非営利活動法人 宮古島 海の環境ネットワーク

宮古島の海の環境を守り次の世代までこの海を残したい

イヌワシ

公益財団法人 日本自然保護協会

自然のちからで、明日をひらく。

ウミガメ

認定NPO法人エバーラスティング・ネイチャー

ウミガメを絶滅から救い、人もウミガメも共存できる持続可能な世の中を目指します!