環境・自然・動物の情報全般や保護活動のウェブメディア

Average

蓄電池を長持ちさせる方法は?寿命を長くするポイントをご紹介

目次

※本記事にはプロモーションが含まれています

蓄電池は消耗品のため、使い方や保存方法によってはすぐに使えなくなってしまいます。蓄電池を長持ちさせるためには、使い方に気をつけたり寿命が長いものを選ばなければいけません。

こちらの記事では、蓄電池を長持ちさせる方法についてと寿命の長いおすすめの製品をご紹介します。

蓄電池はどれくらい長持ちするのか

 蓄電池の寿命は使う頻度や製品によりますが、平均10〜15年程度と言われています。

そのため、上記の期間まで使うことが蓄電池は長持ちした方だと言えるでしょう。

ただし、蓄電池は使える回数が「サイクル」という単位によって決められています。これは、蓄電池が充電マックスの状態からなくなるまで使った回数のことです。

そのため、使用頻度が高ければサイクル数は早く増えるため、蓄電池は長持ちしません。

蓄電池を長持ちさせる3つのポイント

POINT
画像引用元:写真AC

蓄電池はサイクル数以外の影響も受けて寿命が変わります。

以下のようなポイントを押さえて、蓄電池を長持ちさせてください。

充電しすぎない

蓄電池の容量を超える充電は寿命を縮める原因になるため控えましょう。これを過充電といいます。

蓄電池を過充電をしてしまうと、バッテリーの傷みに繋がってしまい、劣化のスピードが速くなってしまいます。

そのため、蓄電池を長持ちさせたい場合は充電が100%まで達したら止めるようにしてください。

保管環境に気をつける

蓄電池は湿度や温度の高い環境に弱いです。電池は錆びてしまうため、温度や湿度の高い環境だとサビが発生し、劣化してしまいます。

そのため、湿度が低くかつ換気が十分に行なわれる場所で保管するようにしてください。

サイクルの多い蓄電池を選ぶ

メーカーによっては蓄電池のサイクル数の目安が製品ページに明記されています。

そのため、1サイクルあたりの値段を計算してコストパフォーマンスのよい、長持ちする蓄電池を選ぶことも大切です。

長持ちするおすすめの蓄電池

もし寿命が長持ちする蓄電池をお探しなら「Jackery」の製品がおすすめです。

大容量でコンセント使用可能なJackeryポータブル電源

Jackeryの蓄電池は耐用サイクル数が他社の製品と比べて長いため、長持ちすると言えるでしょう。携帯性にも長けており、非常時に持ち運びして使いやすい点もメリットです。

\ 停電が起こった時、非常電源として効果的 /

Jackeryのポータブル電源

家庭用コンセント(AC)USBなど豊富な出力を装備

そのため、いつ起こるか分からない災害に備えて蓄電池を購入したいと思っている方にはおすすめです。

まとめ

蓄電池を長持ちさせるためにはサイクル数が長い製品を選び、充電しすぎに気をつける必要があります。その上で、通気性のよい場所で保管するようにしてください。

もし長持ちする蓄電池をお探しなら Jackeryの製品がおすすめです。サイクル数が長いため、長期にわたって持ち続けることが可能です。

有事の際も使えるように、蓄電池を長持ちさせるよう心がけましょう。

タグから関連記事を探す

関連記事