環境・自然・動物の情報全般や保護活動のウェブメディア

蓄電池

蓄電池の容量の決め方のポイントは?おすすめの製品や容量不足対策もご紹介

目次

※本記事にはプロモーションが含まれています

災害時やアウトドアの際に役立つのが蓄電池になります。蓄電池を購入する際は、どのように使うのかを踏まえて最適な容量の製品を選ぶ必要があります。

こちらの記事では蓄電池を購入する際の容量の決め方、容量不足対策の方法、おすすめの製品についてご紹介します。

蓄電池の容量の決め方で押さえておきたい3つのポイント

選び方
画像引用元:写真AC

蓄電池の決め方では以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

1日に使う消費電力

蓄電池の決め方で最も重要なポイントは消費電力と言えるでしょう。

蓄電池を何のために使うか、目的をまず決める必要があります。その上で、1日あたりの消費電力を計算しましょう。以下の計算式で算出可能です。

消費電力量×時間

蓄電池メーカーによっては商品説明で何をどれ位使えるか表記してくれている場合もあります。容量不足で困らないよう、余裕を持って容量を決めるようにしてください。

予算

蓄電池は容量が大きくなるほど、値段が高いものが多いです。

そのため、蓄電池を購入するためにいくらまで使えるか目安をつけておいてください。その上で比較検討をしましょう。

また、後から予備バッテリーなどを購入して容量を補うのも1つの手段です。

太陽光発電設備の有無

蓄電池の中には太陽光充電に対応しているものもあります。太陽光充電に対応している蓄電池であれば、電気が使えない事態に陥いっても充電が可能です。

そのため、容量を低めのものにした上で太陽光充電の設備があるものを購入するのも1つの手段と言えるでしょう。

容量の決め方で悩んだ際におすすめの蓄電池メーカー

もし蓄電池の決め方を見ても、どの製品を選べばいいのかお悩みになる方には「BLUETTI」の蓄電池をおすすめします。

BLUETTⅠの蓄電池は以下のような認定や賞の受賞経験もあり、非常に高い評価を得ています。

安心と楽しみを蓄電する【BLUETTI JAPAN】
  • CES Innovation Awards
  • グッドデザイン賞
  • 防災推奨品

\ 定期的にセール実施中! /

【BLUETTI JAPAN】 公式サイトはこちら

公式サイトにて限定クーポン配布中!

機能性、デザイン性を両立しているためアウトドアから災害に備えてまで、多様な目的で使用可能です。

蓄電池の容量の決め方でお悩みの方でも、太陽光発電機能の有無と多岐にわたる容量から自分に合った蓄電池を見つけられるでしょう。

まとめ

決定
画像引用元:写真AC

蓄電池の容量の決め方でお悩みの方は、実際に使う電力量や予算を踏まえて選定してみてください。

容量が少なめのものを購入して、ソーラーパネルや予備電池つきの製品を選ぶのも1つの手段になります。蓄電池の容量が足りない時も電力を補うことが可能です。

もし蓄電池の決め方でお悩みになったら、機能性とデザイン性を兼ね備えたBLUETTⅠの製品がおすすめです。

タグから関連記事を探す

関連記事