環境・自然・動物の保護活動やSDGsの取り組み情報サイト

オーロラ

オーロラはどうやって出来る?原理や見れる場所

Staff

KATSU

目次

幻想的な自然現象。生で観ることはなかなか無い、大気中に現れる光のカーテン。

今回はオーロラについてご紹介します。

オーロラとは

オーロラとは北極を中心に、北緯65 ~ 80度付近の「オーロラベルト」という場所でよく発生する自然現象です。※南極にもオーロラベルトはありますが、ほとんどが海と南極大陸になっている為、観測地点としては適しておりません。

オーロラは、青や緑のような色で大気中に現れる現象で、ゆらりゆらりと動く風景から光のカーテンなど、神秘的な表現をされることも多いです。

実際のオーロラの写真を何枚かご紹介します。

オーロラ
画像引用元:Pixabay
オーロラ
画像引用元:Pixabay
オーロラ
画像引用元:Pixabay
オーロラ
画像引用元:Pixabay

オーロラが出来る原理

オーロラは、太陽から飛んで来る電気の粒が地球の北極や南極に引き寄せられ、電気の粒と空気の粒が当たって光を発生させる。この現象がオーロラを発生させる原理となります。

※オーロラの原理については、「なんきょくキッズ オーロラの不思議」のページを参考にさせていただいております。

出典:なんきょくキッズ オーロラの不思議

より詳しくオーロラの原理を知りたい方は、こちらのページをご参照くださいませ。

オーロラはどこで観れる?

オーロラはオーロラベルトと呼ばれる地域で観れらます。

オーロラベルトは北欧(フィンランドやノルウェー)やカナダ・アラスカ、グリーンランドなどの北極圏内です。※前述のとおり、南極にもオーロラベルトがありオーロラを観測できますが、南極のオーロラベルトは南極大陸と海がほとんどなので、観測地点としてはあまり適しておりません。

その為、オーロラを観測するツアーでは、北欧やカナダ・アラスカなどのツアーになっています。

北海道でもオーロラは観れる?

実は、日本でも北海道に行けばオーロラが観れる場合があります。

過去に数回、実際に北海道でオーロラが観測されております。オーロラは寒い場所で発生するので北海道でも特に北側の稚内・幌延・紋別などになります。

時期は冬で空気が澄んで乾燥している時など。

ただ、かなり稀なのでオーロラを観るためだけに北海道に行っても、観れる可能性は奇跡に近いかと思います。

まとめ

今回はオーロラについて、どうやって出来るのか?原理などをご紹介しました。

北欧などのオーロラベルトに行ったとしても必ず観れるとは限らないオーロラ。

自然が作り出した芸術作品のオーロラ、一生に一度は生で観てみたいものです。

タグから関連記事を探す

関連記事

全てのBLOG記事を見る

動物や自然に特化したサイトに集まる方もその分野に興味あり!?

閲覧ユーザー数月間約10,400人
※2023.1月時点

フリープランは0円で配信可能

チアセブンアーチで情報を
配信しませんか。

情報配信について