環境・自然・動物の保護活動やSDGsの取り組み情報サイト

ビッグホーン

ビッグホーンはヤギではなく、ヒツジの仲間の動物で別名オオツノヒツジ

Staff

KATSU

目次

ビッグホーンという動物をご存知でしょうか。

大きな角を持つ動物なのですが、見た目はヤギっぽい動物です。

今回はこのビッグホーンとはどういう動物なのかを見ていきましょう。

ビッグホーン(オオツノヒツジ)

ビッグホーンは、ウシ科ヒツジ属の動物で哺乳類です。

名前のとおり、大きな角を持っています。ビッグホーンはオスにもメスにも角があります。

ビッグホーンは日本名はオオツノヒツジとも呼ばれています。

見た目はヤギに似ていますが、実はヒツジの仲間。その為、大きな角を持つヒツジでオオツノヒツジ。

ビッグホーンは、主に北米の地域で標高が高いところに生息しています。

バランス能力も高く、崖や岩場などの足場が悪いところでも問題ありません。

草食動物なので、そういう足場が悪い場所の方が、補食者(肉食動物)からも狙われにくいので、そういう場所に生息しているというのもあるかもしれません。

ビッグホーン
画像引用元:Pixabay

ビッグホーンの戦い

ビッグホーンはその大きな角を活かして、メスを巡る争いをします。

こちらの動画をご覧ください。

動画引用元:WildlifeOnVideo

動画は、【WildlifeOnVideo】 のYoutubeを掲載させていただきます。

オス同士の激しい頭(というか角)のぶつけ合い。正面から勢いよくぶつけ合い、力の差を比べ合います。

動画でみると、1頭に対して、連続で2頭のビッグホーンが突進していく部分もあり、最も強いビッグホーンが選ばれるのだと感じます。

ビッグホーンの戦いで勝利したオスは、メスとの繫殖行動が取れる。強いオスだけに許された特権ですね。

あのスピードと角で突進されたら、人間の骨など簡単に粉砕できそうです。

ヒツジの仲間で草食動物とは言え侮れませんね。

ビッグホーンの角

ちなみにこの角ですが、約12 ~ 14kgにもなるそうです。

動画にもあるとおり、より大きな角を持っているのはオスです。

その為、オスの角の重さが約12 ~ 14kgです。

ビッグホーンは日本で見れる?

野生のビッグホーンは日本には生息しておりませんが、飼育している動物園もございます。

盛岡市動物公園

横浜金沢動物園

※タイミングによっては、動物園の飼育環境の変更などでビッグホーンがいない場合もございます。

その為、ご自身で事前にお調べしていただけますと幸いです。

まとめ

今回はビッグホーンことオオツノヒツジについてご紹介いたしました。

飼育している施設も少ないので、生で観れることはなかなか難しいかと存じますが、機会があればゆっくり観察してみてください。

機会があれば野生のビッグホーンに会い、オス同士の激しいビッグホーンの戦いも見てみたいと思います。

タグから関連記事を探す

関連記事

ビッグホーン

2023.1.20

ビッグホーンはヤギではなく、ヒツジの仲間の動物で別名オオツノヒツジ

Staff

KATSU

像

2020.8.31

肉食動物と草食動物

Staff

山田

pcb

2021.6.13

シャチを脅かすPCBとは?

Staff

水口

smiley koala

2022.7.1

体の特徴  ~コアラ③~

Staff

Chappy

ライオン

2023.1.27

動物の頂点ライオン。どんな動物でどんな種類がある?

Staff

KATSU

ラクダ

2022.7.27

砂漠で生きるために、ラクダは汗をかかない ?!

Staff

Tomo

マンドリル

2023.1.24

マンドリルとは?なぜ顔とおしりが青いのか!?

Staff

KATSU

シカ

2022.7.30

登山中、野生の子鹿に遭遇!?鹿の生態系を理解して正しい行動を取ろう

Staff

mofu

全てのBLOG記事を見る

動物や自然に特化したサイトに集まる方もその分野に興味あり!?

閲覧ユーザー数月間約10,400人
※2023.1月時点

フリープランは0円で配信可能

チアセブンアーチで情報を
配信しませんか。

情報配信について