環境・自然・動物の情報全般や保護活動のウェブメディア

一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京

2023.12.20

2023年版レッドリスト更新:危機的状況にある鳥類に希望の光

生物多様性の損失が危機的状況にある中、バードライフが作成したIUCNレッドリスト2023年版は、かつてない速さで鳥類の減少が進んでいることを示しました。一方で地域社会が保全に取り組むことで自然が再興する可能性があることを示唆しています。

IUCNレッドリスト2023年版は、12 月11日に発表されました。更新版では、アジアのコウノトリ3種がダウングレードされるなど、地域社会による保全の効果を示すものとなりました。オオハゲコウ(コウノトリ科)とコハゲコウ(コウノトリ科)についても生息地と種を保護する地域の取り組みにより、それぞれ危機(Endangered)と危急(Vulnerable)から準絶滅危惧(Near Threatened)にダウングレードしました。またインドトキコウ(コウノトリ科)は湿地の保全活動により、準絶滅危惧(Near Threatened)から低懸念(Least Concern)に下がりました。

詳細はこちら

タグから関連記事を探す

関連記事