環境・自然・動物の情報全般や保護活動のウェブメディア

森

森と林の違い、ジャングルと雑木林の違いについてみてみよう!

2023.6.13

目次

「森」と「林」、これら2つの言葉は似通っているように感じますが、実は微妙に違いがあるのをご存知でしょうか?

「森」には3つの木が、一方で「林」には2つの木が見えるという解釈をされがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

また、ジャングルや雑木林など、それぞれの場所でも違うのか気になるところです。

そこで今回は、「森」と「林」の違いに迫り、さらにはジャングルや雑木林も含め、植生の表現について考えてみたいと思います。

森と林の違いについて、よく勘違いされることがある

「森」と「林」の違いは様々な方面から言われていますが、よく勘違いされることがあります。

本来、「森」は木が3つ、「林」は木が2つの集まりを指すのですが、樹木の本数で判断する方が多いようです。

しかし、実際には樹木の種類や配列で判断することが必要です。

森
画像引用元:Adobe Stock

森とは

「木」が3つ集まっている場所

「森と林の違いについて、よく勘違いされることがある」ということで、多くの人が「木が3つなら森、2つなら林」と思っているようです。

しかし、実際に使われている言葉を見ると、木の本数で判断するわけではありません。

それぞれ「森」「林」には、もっと奥深い意味があるようです。

具体的には、以下のような特徴があります。

– 「森」は様々な種類の樹木がある場所で、木が3つ集まっているというだけではありません。

– 「林」は同じ種類の樹木が多くある場所で、木が2つ集まっているというだけではありません。

また、「森」といってもジャングルも含まれます。

ジャングルは、熱帯雨林のように、高さや密度が異なるさまざまな植生が混在している場所です。

ですから、「森」と「林」は、樹木の種類や配列で判断することが必要です。

ジャングルも「森」の一種

ジャングルも「森」の一種であることが分かりました。

日本語と英語では扱いが異なる場合がありますが、広がりがある場所に「森」が、熱帯雨林のような暑くて薄暗い場所に「ジャングル」が用いられます。

さまざまな動植物が住み着き、自然の生態系を形成しています。

ジャングル
画像引用元:Adobe Stock

林とは

「木」が2つ集まっている場所

「木」が2つ集まっている場所は「林」と呼ばれ、同じ種類の樹木が多くある場所です。

林は、人の手が加わっており同じ種類の樹木が多く立ち並んでいるため、規模が小さいのが特徴です

例えば、同じ種類の松がたくさん植えられた松林が林にあたります。 

雑木林は「林」の一種

「雑木林」は、樹木の種類や配列で「林」と呼ばれることが多いです。

たくさんの種類の樹木が混在しているため、森のように見える場所もありますが、土地利用の文脈によっては「林」に分類されることもあります。 

松林
画像引用元:Adobe Stock

まとめ

森と林の違いについては、樹木の本数ではなく、種類や配列で判断することが必要そうですね。

様々な種類の樹木がある場所同じ種類の樹木が多くある場所 で見分けるのもポイントかもしれませんね。

ただ、植物に詳しくないと、木の種類の違いの認識は難しいかもしれませんが。

関連記事

週間人気ランキング