環境・自然・動物の保護活動やSDGsの取り組み情報サイト

キノボリカンガルー

木に登るカンガルー、キノボリカンガルーの特徴

Staff

KATSU

目次

今回は、キノボリカンガルーについてのご紹介です!

キノボリカンガルー

カンガルーの仲間のキノボリカンガルー。名前のとおり木に登るカンガルーです。

カンガルーの仲間の多くは地上で生活をしています。

それに反してキノボリカンガルーは樹の上で生活をしています。もちろん地上に降りることもありますが、樹の上で生活ができるように身体が進化しています。

ちなみに、キノボリカンガルーというのはキノボリカンガルーの名前の総称です。

カンガルー科キノボリカンガルー属に含まれるキノボリカンガルーの仲間は、10数種類確認されています。

キノボリカンガルー
画像引用元:Adobe Stock

キノボリカンガルーの特徴

上の画像を見てもわかるとおり、キノボリカンガルーの前後足の爪は鋭く発達しています。

この爪のおかげでキノボリカンガルーは木登りが得意なのです。

また尾は太く発達しているので、樹の上でバランスを取るのに適しています。

カンガルーの名前は基本的には移動は両足のジャンプでします。(歩く時もありますが、その場合は前足も地面に着けて前進します)

キノボリカンガルーは、片足ずつ交互に前に出す、いわゆる歩くということができます。

この辺りが同じカンガルーの仲間でも異なる特徴です。

キノボリカンガルーはカンガルーの仲間で有袋類なので、もちろんメスのおなかには袋があります。

こちらはキノボリカンガルーの動画です。

動画引用元:Nat Geo WILD

動画は、【Nat Geo WILD】 のYoutubeを掲載させていただきます。

樹の上を移動している様子などを見ると、カンガルーっぽくは無いですね。

ただ、これが本来のカンガルーの姿なのかもしれません。

実は昔はカンガルーの仲間は密林などの木が密集している地域で生息をしていました。

しかし、木が減ったり生息地域の変化に伴い、草原などに移り住む種類が発生。

草原や砂地などの場所では、長い爪は退化していき、その変わり移動に適する為に後足が大きく発達していったと考えられています。

キノボリカンガルーの仲間の多くは今も森で生息している為、長い爪はそのまま。

同じカンガルーの仲間でも、生息地域の違いでこうも見た目が変わるのは面白いなと感じますし、進化って凄いなとも感じますね!

まとめ

今回は、キノボリカンガルーについてご紹介いたしました。

カンガルー=ジャンプする動物というイメージを無くし、木に登るカンガルーもいる!っていうのを知ってもらえたらと思います!

タグから関連記事を探す

関連記事

全てのBLOG記事を見る

動物や自然に特化したサイトに集まる方もその分野に興味あり!?

閲覧ユーザー数月間約10,400人
※2023.1月時点

フリープランは0円で配信可能

チアセブンアーチで情報を
配信しませんか。

情報配信について