環境・自然・動物の保護活動やSDGsの取り組み情報サイト

ラブラドールレトリーバー

ラブラドールレトリバーってどんな犬?黒色もいるし、盲導犬にもなれる犬?

Staff

KATSU

目次

今回はラブラドールレトリーバーという犬種についてご紹介します。

この可愛らしい犬種は、人気のあるペットとして知られていますが、その能力は盲導犬や介助犬など、さまざまな分野で活躍しています。

黒色だけでなく、白やクリーム色の毛皮を持つ個体も存在し、その性格は愛情深く従順で、家庭に馴染みやすいと言われています。

今回の記事では、そんな魅力的なラブラドールレトリバーについて詳しくご紹介します。

ラブラドールレトリーバーの特徴

ラブラドールレトリーバーは、大型犬種でありながら、非常に温和で人懐っこい性格が特徴です。

そのため、家庭犬としても多くの人々に愛されています。

さらに、高い知能と優れた環境適応力を併せ持ち、盲導犬や警察犬、麻薬探知犬としても活躍しています。

また、たれ耳でアーモンド型の優しい目をした見た目も愛くるしいですよね。

ラブラドールレトリーバーは、その愛らしい外見と美しい毛並み、そして性格の良さから、世界中で人気犬種の一つとして親しまれています。

さらに、スポーツ犬としても有名です。

ラブラドールレトリーバーの運動能力は水泳、狩猟に加えて、フリスビーやアジリティなど、多くのスポーツ競技種目で活躍できるほどです。

その運動能力を活かして、セラピー犬や救助犬としての活躍もしているのです。

ラブラドールレトリーバー
画像引用元:Adobe Stock

黒いラブラドールレトリーバーの存在

黒いラブラドールレトリーバーの存在は、この種の中でも特異な存在です。

彼らの魅力的な毛色は、全身を覆う光沢のある黒色で、引き締まった印象を与えます。

活発な性格が多いため、盲導犬にはあまり使われないと言われているが、しっかりと訓練された黒いラブラドールレトリーバーは、素晴らしい働きをすることができます。

社交的な性格と強い嗅覚は、盲導犬、介助犬、災害救助犬などの使役犬にふさわしい特性があるため、黒いラブラドールレトリーバーも、そういった現場で大活躍していることもございます。

ラブラドールレトリーバーはその多才な働きぶりで知られており、黒いラブラドールレトリーバーも例外では無いのです。

災害救助犬の訓練動画をご紹介します。

動画引用元:日本レスキュー協会

動画は、【日本レスキュー協会】 のYoutubeを掲載させていただきます。

ラブラドールレトリーバーと盲導犬

ラブラドールレトリーバーは、その従順な性格と高い学習能力から、日本国内で盲導犬として一番多く活躍しています。

母性本能が強く、非常に知能が高く、忍耐強さもあり、人への奉仕精神に優れた性格も、盲導犬としての活躍に大きな役割を果たしています。

1984年には日本警察犬協会にも認められ、警察犬としての活躍もしています。

ラブラドールレトリーバーの賢さと従順さは、犬種の特徴であるレトリーバーの仕事をより効果的にこなすことができる点でも重宝されています。

ラブラドールレトリーバーは、その穏やかな性格と人気のある外見であることから、多くの人々に愛されています。

ラブラドールレトリーバーの知能と賢さと忠誠心

ラブラドールレトリーバーは、家庭犬としても非常に飼いやすく、しつけや社会化が行き届けば大型犬であっても非常に従順であり、頼りになる相棒になります。

ラブラドールレトリーバーは頑固さがあるため、主人の意志を尊重し、自分でも判断することができる犬種ですが、心の優しさと協調性も持ち合わせています。

このような賢さと従順さを持っているラブラドールレトリーバーは、多くの人々から愛される犬種の一つです。

さらに、家族や飼い主にとても忠誠心が深い犬種として知られています。

飼い主が怒ったり、褒めたりする態度にも敏感で、人の心を読み取る能力にも優れています。

その愛情深い性格から、家族にとっては心強い存在となってくれることでしょう。

盲導犬
画像引用元:Adobe Stock

ラブラドールレトリーバーとレトリーバーの関係

ラブラドールレトリーバーは、レトリーバー犬種の1つです。

レトリーバーは、猟犬として育種された犬種で、鳥や獣を狩り、飼い主に持ち帰ることができます。

ラブラドールは、このレトリーバー犬種の中でも、おおよそ中型犬から大型犬の範囲に属し、性格が温和で、しつけや飼育が比較的容易です。

ラブラドールは、黒、黄、チョコレートの3色の毛色がありますが、それぞれ単色で、混ざったカラーは存在しません。

レトリーバーは、獣医師や専門家の犬種分類によって、属する品種が異なることがありますが、ラブラドールはその中でも有名であり、多くの人々に親しまれています。

ラブラドールレトリーバーの血統書の由来

ラブラドールレトリーバーの血統書は、品種規範に従って犬の純粋な家系を示す書類です。

ラブラドール・レトリーバーの血統書の由来は、18世紀にニューファンドランド島からイギリスに連れて来られた犬種に起源があります。

その後、名前は変更され、品種が洗練され、19世紀にはエリザベス女王によって愛され、英国王室とともに歴史を紡いでいくことになりました。

まとめ

今回はラブラドールレトリーバーについてご紹介しました。

個体の毛皮の色は違えど、知能の高さ、性格、運動能力に大きな個体差は無いのかなと思います。

ラブラドールレトリーバーは、家族として一緒に住むのにも適していますし、盲導犬・介助犬などの人間の支えになるのにも向いています。

救助犬として、災害現場での手助けにもなってくれます。

非常に能力の高い犬種と言えるでしょう。

タグから関連記事を探す

関連記事

全てのBLOG記事を見る

Staffから記事を探す

動物や自然に特化したサイトに集まる方もその分野に興味あり!?

閲覧ユーザー数月間約78,000人
※2023.6月時点

フリープランは0円で配信可能

チアセブンアーチで情報を
配信しませんか。

情報配信について